赤ちゃんや子どもにも必要な紫外線ケア

最近は、紫外線ケアは小さい頃からすべきだと言われているようです。かつては、子どもが日焼けをしながら外で遊ぶ姿が、健康にいいと考えられていたものでした。ですが、紫外線が体によくない影響を及ぼすことが判明してきたために、日本でも紫外線ケアの大事さが呼びかけられるようになっています。幼少時に、より多くの紫外線を浴びている子どもは、成人してからも皮膚がんの発症率が上がるといいます。光老化のリスクも、紫外線を多く浴びているような人は、高くなっているようです。早期から紫外線ケアをしておいたほうが、後々になってからも体にはいいそうです。人は、18歳までに、生涯浴びる紫外線の約半分を受けているという研究データもあります。小さいころ、どうやって紫外線ケアをしたかで、大きくなったからのお肌の状態や、健康状態が変わってくるといえます。紫外線が子どもの体にとって悪いものだからと、朝から晩まで暗い部屋に子どもを押し込めておくことはよくありません。正午前後の紫外線量の多い時間帯は避けて、紫外線があまり強くない日や、時間帯に外で活動するようにしていきましょう。やむをえず、紫外線の強い時間に外出せざるをえない時には、行き先や、場所に気をつけるというやり方もあります。樹木の多い場所や、陰ができている場所など、紫外線を遮れる場所を選択します。紫外線から肌を守るためには、日焼けどめクリームや、帽子をかぶるなど、こまめな心がけも大事になります。紫外線が体によくない影響を及ぼすものだということを子どもに伝えて、紫外線ケアを習慣づけるように教え込むひとも、重要だといいます。http://yukiyukihada.jugem.jp/