使わない生活だとしたら本当に微塵も使わないし、化粧自体しない。しなくてもいられる。

化粧ってしなくてもいられるし、おしゃれがいらなかったらしないですよね。必要あった時はしましたけど、あまり必要なくなってきてもうしなくなりました。あまり興味もなかったし、やっても崩れたり直さないとなんかなとか思ったりして面倒と言えば面倒でした。

良いブランドのやつを買って使っていた時もありましたし、それはそれで本当に良い物でした。それは今でも稀に使う時があれば使うなっていう化粧品として持ってます。化粧なんかしない方が楽ですよね。だいたい最初はそうでした。今はする必要がなくなったので、飾りみたいな風に置いてあるだけです。なんか女の人だからするみたいな暗黙の了解が風に乗って入ってきただけで、元々知らなかったわけです。やったらやったで変身できて、面白かったです。こんなに変身するのか、っていう感じでした。今も面白おかしいです。変になると直さないとだし、時間かかるしやっぱり面倒だなという印象です。夢ですよね。

スクリーノのサイトについて